2016-07-09

世田谷区立野毛青少年交流センター土と火ワークショップ Setagaya City Noge Youth Community Center Earth and Fire Workshop  


The revolution begins in Noge
命は野毛から始まる
スケジュールと内容 Schedule and Content
1回目 6月25-26日 
–アースオーブン Earth Oven 
–カフェスペースの左官仕上げ Café Space
–ストローベイルベンチ Straw Bale Bench Base 
2回目 未定
–アースオーブン Earth Oven
–ラウンジの左官仕上げ Lounge Wall Base Coat
–ストローベイルベンチ Straw Bale Bench Brown Coat
–調理用ロケットストーブ Rocket Cook Stove 
3回目 未定
–アースオーブン Earth Oven
–ラウンジの左官仕上げ Lounge Wall Finish Coat
–ストローベイルベンチ Straw Bale Bench Finish Coat
–調理用ロケットストーブ Rocket Cook Stove 

アースオーブン Earth Oven
 Moveable
 Two courses of insulating brick and one course of fire brick
 Red brick surround
 Red brick arch
 Cleaning off brick
 Sand mold
 Refractory mix
 Refractory layer
 Mixing cob structural layer
 Rolling in sheet
 High in fiber
 Applying structural layer
 Allow to dry before digging out sand mold and applying insulation layer

カフェの内装仕上げ Café Space

 Base coat over vinyl wall paper
 Ceiling and walls
 Korean red soil
 Kiwado Shikkui
 Finish plaster
 Brush finish after application
ストローベイルベンチ Straw Bale Bench 










2016-05-26

日本初軽量籾殻土の家 壁づくりワークショップ


日付:5月28日(土)、6月2日(木)3日(金)
時間:9時~17時
場所:ストーンブリッジ
296-0104千葉県鴨川市南小町1465-2
https://goo.gl/maps/XV33j5QVEoo
アクセス:
持ち物:汚れていい作業着、着替え、軍手、作業靴、長靴、帽子、マスク、タオル、水筒・飲み物
昼ご飯をこちら準備します。
参加費:無料
定員:10人
申し込み先: パーマカルチャー安房事務局
awapermaculture@gmail.com
内容:
日本大学建築・地域共生デザイン研究室では2010年より日本における軽量籾殻土充填工法の可能性を研究しています。軽量籾殻土は籾殻と粘土質の土で構成 されており、熱伝導率が低いため、断熱効果が高く、天然素材で2020年省エネ基準法をクリアできるようになりました。今回のワークショップは壁の充填材 の生産と壁中の充填作業です。

2016-02-21

温室 Green House

Stonebridge Permaculture Forest Gardenの仕事
大工が飯田ベンジャミン善郎氏
 
充填断熱材としてスタイロ畳を利用 Recycled Tatami Mat Insulation
土壁の下地として、木擦りを張る Wood Lath
現場の土を利用した土壁 Earthen Plaster Using Site Soil
 漆喰かた押さえ仕上げ Kiwado's NAGOMI Shikkui Lime Plaster Finish
 
 完成 Ready for plants!